タトゥー除去のリスクとは!?

刺青除去のリスクとは一体どれくらい!?安全に除去してくれるの? - リスクを説明する医師選び

アーカイブ

美容整形の高須クリニック
入れ墨・刺青除去・タトゥーを消す方法 : 美容整形の高須クリニック

更新情報

リスクを説明する医師選び

ghyrthr
生活の中にはたくさんのリスクが潜んでいます。
失敗するかもしれないリスクや、失うかもしれないリスクなど私たちはそうしたリスクをうまく回避し時にそのリスクと戦いながら生活しているのです。
医療の現場ではリスクとの兼ね合いが昔から議論されてきており、その対応が明確になっています。

■治療とリスクの両立

そもそも医療はリスクにさらされながら行われる物です。
タトゥー除去もリスクとの戦いです。
例えばタトゥー除去の中にある「レーザー」は近年どこの病院でも行われる主流の治療法です。
しかしこの方法だとやけどをする恐れも有り、一長一短があると言われています。

■医師はインフォームドコンセントをするもの

治療に入る前には必ず医師は「この治療法にはこうしたリスクがありますよ」と言うことを説明する義務を負っています。
最近ではそうしたことを総称して「インフォームドコンセント」と呼ぶようになりました。
ただ、タトゥー除去を得意とする美容整形外科では経営至上主義ともいえる治療をしている病院も見受けられそうしたリスクを一切説明せず後々問題になるところが後を絶ちません。
病院を選ぶときにはきちんとリスクを説明してくれるか見極めましょう。

■言うことをはっきり言う医師

fhrtrs病院選ぶで一番大切なことは医師を選ぶことです。
言うことをはっきりと言わずもごもごと説明するような医師や、いいところばかりを紹介する人は十分注意しましょう。
本当に患者さんのことを思っていたらはっきりと言うべきことを言うからです。
近年美容整形外科の領域は非常にめざましい発展を遂げています。
それまでは美容整形外科というと外科学の中でも邪道のように扱われてきた側面はありますが、形成外科で縫合をきれいにするとか熱傷を負った人の予後に関して様々な研究が進んでいることから美容整形外科も注目集めるようになりました。
タトゥー除去も近年めまぐるしく進んでいる技術です。

■剥削という選択

剥削はタトゥー除去の中でもシンプルな方法といえます。
まず周辺の皮膚に局所麻酔を行い、メスやピンセットを使って皮膚を削っていきます。
元々タトゥーは皮膚に対して針を使い色素を沈着させているだけであるため、削ってしまえば物理的に取り去ることが出来るのです。
よほど深いタトゥーを入れていないのであるならば、剥削によってきれいに消し去ることも可能です。
皮下組織にもダメージを与えるため、施術後はやけどのような傷跡が残りますが医師の指導を受けて生活すれば元の状態に戻ります。

■植皮して皮膚を生まれ変わらせる

タトゥーを割と広範囲にわたって入れていたときにも使える方法である植皮は、やけどでも使われている術式です。
おしりや大腿部など皮膚がたくさんあるところから皮膚を持ってきてタトゥーのあるところの皮膚を切り取りはっつけてしまうのです。
手技としても複雑ですし医師の技量が問われます。

■医師の腕を見極める

何はともあれ医師の腕があるかないかによってタトゥー除去の効果は大きく変わってきます。
経歴や口コミをあらかじめチェックしておくことが大切です。
タトゥー除去が気になる方・・・
刺青除去は池袋サンシャイン美容外科
東京都豊島区東池袋1-15-3柴ビル9F

池袋サンシャイン美容外科へご相談。

Copyright(C)2015タトゥー除去のリスクとは!?All Rights Reserved.